太陽光発電

太陽光の基礎知識

埼玉の太陽光パネル施工業者をお探しなら住環境エンジニアリングがオススメです。

太陽光発電は損?

太陽光の発電には、この装置を設置するのに、初期費用として、やく200万円ほどの費用が掛かります。

今まではこの費用のうち、少し、行政が負担してくれていましたが、それでも、この初期の費用を、太陽光の発電で賄うのは、10年では到底足りずに、15年以上かかる計算になっていました。

つまり初期費用の元が取れるのが、15年以上かかるとの事です。

その間にも、設備が故障したりしますから、15年では到底無理で、もっとかかるように言われていました。

だから、太陽光の発電は、環境的には非常に良くても、それを実際に自分の屋根に設置する家は、意外と少なかったのです。

太陽光の発電のもっとも進んでいるドイツでは、この費用対効果のギャップを埋めるために、行政からの補助と、そこで出来た電気の買い取りの価格を高くして、発展に協力してきたのです。

このような制度が、結果として、太陽光の発電の設備を促進させ、成功しているのです。

このドイツの制度に対して、今までの日本のやり方は、単に少しの補助金を出すだけで、それ以上の特典はありませんでした。

しかしここにきて、原子力発電の問題が表面化して、おくばせながらですが、日本も、買い取り価格を、40円以上にして、ようやく、消費者も企業も、太陽光発電に興味を持ち出したところです。

これが進めば、環境的には非常にいいし、また原子力発電に頼る部分も、少なくなりますので…

ぜひ日本でもたくさん普及させるべきだと思います。

優良施工業者情報

悪徳業者に注意

インターネットの一括見積サイトには悪徳業者が存在します。

詳しくはこちら

価格とメンテナンス

安く買ったけど売り切りで、その後のメンテナンスは大丈夫?パネルの洗浄や周辺機器の点検をしてくれる業者選び。

詳しくはこちら

施工の技術

施工の技術がある会社の調べ方。大手企業からの表彰を受けている業者は質が違う。

詳しくはこちら

安心な業者の選び方

無理な営業をしない。発電効率の悪い家には設置をしない。そんな業者を調査!

詳しくはこちら

更新履歴

2012-10-11
住環境エンジニリング様の施工現場を取材してきました
2011-08-02
ソーラーパネルの普及率を調査